本文へスキップ

新潟大学 村山研究室

一緒に研究しませんか!CONCEPT

人が”健康”に過ごすための仕組み構築を目指します

 我々の研究室では、健康な社会を築くための仕組み構築を研究の柱として、運動の解析や社会調査を行っております。運動解析班は筋電図、フォースプレート、ビデオ画像解析、脳波計などを用いて運動における様々な事象を捉えながら解析を行っています。社会調査班は、県や市など行政からの受託研究や民間企業・団体からの依頼に基づく調査を行っており、平成27年度からは新潟県警との交通安全プロジェクトも実施しています。これら研究は全て健康的な社会基盤の整備と仕組み構築に向かいまず。研究室を卒業した院生らは教育現場・病院・企業など幅広い分野で活躍しており、研究を通じて実社会に向けた教育を行っています。


入試情報

院生からのメッセージ

〜院生からのメッセージ〜


平成30年現代社会研究科博士後期課程:和其叶力図(フチイェリトゥ)

 内モンゴル出身のフチイェリトゥといいます。運動機能や体力を中心として日本と内モンゴルを比較しながら研究を進めています。また、健康促進の観点で地域創生とまちづくりについて取り組み、その経験をもとにしながらアジア地域のスポーツ社会についても考えていきたいと思います。研究室の仲間と一緒に楽しく研究ができることを嬉しく思っています。


平成30年現代社会研究科博士前期課程:亀岡 雅紀
 大学院に進学してから山形から自転車で新潟まで260qのサイクリングしたり、登山をしたりと研究だけでなくアクティブに活動しています。研究室運営も任されているので、みんなが計画通りに研究を進めているのか気配りしながらも自分の研究に取り組んでいます。でも、やっぱり楽しくなければ続きません!自分が面白いと思える研究を納得いくまで掘り下げてみます。本当に研究は面白いです!

〜OB・OGからのメッセージ〜


平成29年度教育学研究科修了:大島 卓馬
 とても楽しい学生生活でした!特に院生時代は信じられないほどに多くの出会いがありました。
そしてその出会いが自分を成長させてもらったと思っています。もっともっと現場の方々と関わりながら研究したいという気持ちが強くなるばかりですが、これからは社会人として村山研究室で学んだことを活かして社会貢献できる人間になっていこうと思います。後輩のみんな、村山研究室は無限の可能性を引き出してくれる場所です。先生を信じてついていってみてください。きっと道は開かれます。


平成28年度現代社会研究科後期博士課程修了:尾山 裕介
 村山研究室で学部2年、修士2年、博士3年の計7年間お世話になりました。その間、多くの経験のなかで様々なことを学びました。学会に参加することで全国を巡ることもできました。シカゴでの国際学会では刺激的な時間を過ごすこともできました。たくさんの先輩や後輩たちと夜遅くまで研究に没頭した時間は自分を成長させてくれたとても大切な時間でした。博士課程では勤務をしながら勉強を続けてきたので家族にも苦労をかけたと思います。本当にたくさんの感謝のなかで自分が成長できたことを感じています。これからは研究者として村山先生の背中を追いかけます。

平成27年度教育学研究科修了:菅原 知昭
 教職に就きながら大学院での学びの機会をいただき、2年間学ばせていただきました。村山研究室の一番の魅力は、やってみたい研究にチャレンジし、形にしていく楽しさを味わえることです。研究室の仲間とは、仲良く楽しく過ごしながらも、研究のこととなると、真剣に議論し合い、積極的に意見交換をします。その積み重ねにより、研究の成果を納得の行く形で示すことができた時は、充実感や達成感でいっぱいになります。また、学会に積極的に参加し、発信していくことや、研究したことを通じて地域貢献するという経験を積むことたができることもこの研究室の魅力です。研究の魅力に触れてみたいという方は、ぜひ村山研究室を訪ねてみてください


平成26年度教育学研究科修了:池山 香

 修士課程を修了し、大手スポーツクラブで勤務をしています。大学院の授業は体育・スポーツに関する他領域の先生方から指導を受けることができ、広い視野を持つことができます。 研究は自分の関心のあるテーマについて自由に取り組むことができるので、とても楽しくもあり、責任感を持って取り組む大切さも日々感じてきました。皆さんも充実した学生生活を送るために研究室を訪ねてみてください。


平成25年度教育学研究科修了:廣瀬 秀

 修士課程を修了し、今は新潟県内の中学校で教員をしています。
院生時代は勉強に研究に時間が足りないくらいでしたが、学会で研究発表をした経験はこれからも生きてくると思います。
自分を磨きたい人は是非、村山研究室を訪ねてみてはいかがでしょうか。


平成24年度教育学研究科修了:吉田 彩

 修士過程を修了し、今は母校の高校で教員をしています。
院生時代の夢中で研究に取り組んだ時間は今でも貴重な経験だったと感謝しています。
今しかできないことを楽しみながら一生懸命に取り組むことはこれからの人生に大きな影響を与えると思います。研究室のメンバーは仲も良いですが、研究のことでは真剣に議論します。だからこそ自分の考えがまとまっていきますし、そこが魅力なんだと思います。チャンスがあったら村山研究室を訪ねてみてください!きっと面白いことが待っていますよ!


修了後の進路実績

□大学教員
 尾山裕介:桐蔭横浜大学
□教育関係
 新潟県高校教員、長野県高校教員、福島県高校教員、新潟県中学校教員、埼玉県中学校教員、新潟県小学校教員、
 福島県幼稚園教員
□予防医療・健康づくり関係
 猫山宮尾病院、セントラルスポーツ、新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター、カラダファクトリー

バナースペース

お問合せはメールにてお願いします。
murayama@ed.niigata-u.ac.jp